管工事施工管理技士

▼研修内容 ▼開催地区 ▼手続き ▼受講料

TOP
1級管工事施工管理技士(実地研修 2日間コース)
第1回
施工計画(ネットワーク応用等)・論文指導※
第2回
設備施工論・実地対策
※施工体験記述論文は個別添削指導となります。
開催地区 TOP
北海道地区
札幌
東北地区
青森・仙台
北陸地区
金沢
信越地区
長野
関東地区
大宮・東京・横浜
東海地区
名古屋
近畿地区
大阪
中国地区
広島・高松
九州地区
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・鹿児島
※ コースにより追加削除される会場があります 。申し込みの前に必ず担当管轄部署へご確認ください。
手続き TOP
インターネット FAX 電話
申し込みをホームページ上で送る
こちらより必要事項入力の上お申し込みください。
申込み書入手
ホームページ上で印刷、または、各担当部署へ御連絡ください。 0120-14-5353
必要事項記入の上、FAX送信してください。
記入方法のわからない方、

フリーダイアル
0120-14-5353
またはこちらへご連絡ください。
各地区担当へ無料でお繋ぎします。
▼▼▼
▼▼▼
▼▼▼
センターから返事のメールが届く
仮登録を受け付けた旨、折り返しメールが届きます。
申し込み後のお問い合わせは、メール中の仮登録受付番号をお伝えください。
センター管轄担当者より連絡
仮登録の確認・希望講座の空席状況を調査し、御連絡いたします。
仮に受講席確保が不可の場合は、他のコースや会場での受講案内いたします。

センター管轄担当者より連絡
担当職員が希望会場の定員状況を確認の上、FAXまたはメールで申込書をお送りします。
▼▼▼
▼▼▼
センター管轄担当者より連絡
仮登録の確認・希望講座の空席状況を調査し、御連絡いたします。
仮に受講席確保が不可の場合は、他のコースや会場での受講案内いたします。
申込書記入の上、至急申込書記載のFAX番号へご返送ください。
▼▼▼
センター管轄担当者より連絡
定員・受験資格確認の上ご連絡いたします。
また、銀行手続きのご案内もします。
 
▼▼▼
 
銀行より振り込み手続き
最寄の銀行より、指定期限内に手続きを済ませてください。
 
▼▼▼
 
銀行手続き確認
センターで銀行手続きが確認でき次第、受講カード・会場日程表・地図等を発送いたします。
この時点で本登録となります。
 
▼▼▼
 
書類確認
お手元に、受講カード・会場日程表・地図等が郵送で届きます。
中身を確認していただき、受講開始日まで大切に保管してください。
 
▼▼▼
 
受講開始
受講開始日は、受講カード・筆記用具をお持ちください。
受付にて本人確認の後、テキスト・プリントをお渡しします。
受講料 TOP
1級管工事施工管理技士 実地2日間コース
¥35,000円
1級管工事施工管理技士 実地2日間コース(学科から受講の方)
¥0円

※ 学科研修受講された方は、こちらに含まれますので、無料で受講いただけます。

 
Wildcard SSL
当サイトは企業実在証明とプライバシー保護のため、複数のSSLサーバ証明書を使用しています。
お客様の情報をフォームより送信する際は暗号化(SSL)をお勧めしておりますが、証明書は強固なSHA‐2を使用しております為、 非対応端末からアクセスが出来ない場合があります。